東新住建の事業内容とは

東新住建の事業内容とは

東新住建はハウスメーカーとしてオンリーワンの存在を目指しています。そのため、ユニークな発想による住宅をたくさん展開しているのが特徴となっています。常にお客さんの立場になって考えており、その結果として新しいスタンダードを生み出すことに成功しているのです。時代の変化に柔軟に対応しており、今の時代に人々が何を求めているのかをしっかりと考えています。そのため、どの時代にも多くの方に支持されることに成功しているのです。

 

東新住建は開発力に自信を持っています。これまでにない新しい住まいをどんどん実現しているのです。たとえば発電シェルターハウスです。こちらは太陽光発電パネルが設置されているため、売電をすることができるのが特徴となっています。さらにしっかりと地震対策をしているのも特徴であり、地震の多い日本において安心した暮らしを送れるような住まいとなっているのです。また、ダブル工法の家というものも提案しています。東新住建のダブル工法では地震対策として地盤改良までしっかりと行ってくれるのです。また、とても丈夫な家として4.3倍ツーバイ工法を採用した家も提案しています。他にもさまざまなニーズに応えるために積極的に新しいアイデアを試しており、それらが受け入れられているのです。

 

他にも東新住建はDUPというマンションも展開しています。こちらは2戸の角部屋によって構成されており、3層構造のマンションとなっています。さらに賃貸住宅事業にも東新住建は取り組んでおり、こちらではメゾネットタイプで1階と2階を併用できるアパートを提案しています。こちらは土地を有効活用するために役立てることができるのです。長屋の発想を活かした住宅となっており、ザ・借家と名付けられています。こちらを利用して資産活用に成功しているオーナーは多いのです。

 

これまでに40年以上もの実績があるのが東新住建です。その中で2万棟を超えるほどの住宅を着工してきた実績があります。現在もどんどん多くの住まいを建てています。独自性の強い商品やシステムを用意しており、それが細かいニーズにもきちんと対応することに成功しているのです。

 

これからも東新住建は新しい発想をもとにしてチャレンジをしていくでしょう。これまでにないアイデアだったとしても、それに果敢に挑戦していこうとするのです。そうすることで新しい住まいの価値が生まれると信じているのです。今後も東新住建の住まいは注目されるでしょう。